プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(11月20日)


11月20日のお題は「清」「正義」「似ている言葉」「風」でした。

「正義」
針葉樹の香りの残るバスルームを出て行く足に正義が触れる(しま・しましま)
「正義」
難しい題だなぁってまず思いました。
意味とかテーマとか
そういうものがない短歌が好きなので、
どう「正義」と向き合おうって
ちょっと悩みました。
ちなみに我が家で最近愛用されているのは
「温泡ONPO」って入浴剤です。

ハートを入れたうた。
たかだ牛道さんの
暖房はきみの正義と違うけど僕はやっぱり石油ストーブ
冬の暖房を正義じゃないっていう
そういう正義は確かにありそう。
地球規模で見た正義、みたいな
そういうのを想像しましたが、
そういうことでいいのかな?
だいたいはその正義に付き合って上げられるけど、
暖房はやっぱり欲しいし、
チョイスするなら「石油ストーブ」
っていうの、
なんかすごく分ります。
自分語りで申し訳ないんだけど、
うちも数年前から
ファンヒーターをやめて、
石油ストーブを使ってますが、
これが非常に温かい。
風が出ないので、
猫も火の前に座って満足げ。
「石油ストーブ」
って、ちょっと昭和っぽいアイテムなんですが、
ちゃんと現役だし、
理想より現実、
みたいな感じと
ほんのり昭和ロマンみたいなものがあって、
感じがいいなって
勝手にパワーワード認定させてもらっちゃいます。

音符を入れたうた。
太田宣子さんの
手羽先はかく喰ふべしと鬱陶しいきみの正義はきみに似てゐる
「手羽先」、うん。
この食べ物のチョイスがいいなって思います。
たしかに食べ方に一家言ある人がいそうではあります。
どう食べればいいかなって思ってるときなら
それをアドバイスとして受け入れられるんだけど、
度が過ぎると単なる押し付けですよね。
しかもそれが正しいとなると、
非常にうっとおしいことこの上ないですね。
自分勝手な食べ方の押し付けだと
うっせばーかって思ってればいいんだけども。
「喰ふ」「鬱陶しい」という表記が、
よりうっとおしさを増してて
面白いなって思いました。

雀來豆さんの
あなた初めて正義の箱を開けてみた子どもみたいに泣いているのね
どきっとさせられるうたでした。
どうだろう、
わたしは「初めて正義の箱を開けてみた」時、
泣いたのかな。
それが泣くべき場面、
泣かずにおれない場面なんだなって思うと、
多分、泣かずにやりすごしてしまったわたしの子供時代が
それ以前にどこかがすれてしまっていたようで
とても残念な気がします。
スポンサーサイト

<< うたの日(11月21日) | ホーム | うたの日(11月19日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム