プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(11月30日)


11月30日のお題は「税」「水玉」「痣」「眺」でした。

「痣」
生まれつきある痣みたいな顔をしてあなたの日々にわたしはいたい(しま・しましま)

ハートを入れたうた。
永昌さんの
右膝に赤い痣ありよく見れば生まれ故郷のかたちに似ている
訥々とした雰囲気が、
どことなく山崎方代を思わせて、
あーすきな感じのうただなって思いました。
うたの日に
「生まれ故郷」をどのぐらいの範囲で考えるんだろうと思った時、都道府県ではなくて、もうちょっと狭い範囲なんじゃないかなって思いました。なかなかぱっと出て来る形ではないと思いますが。
すてきなうたで惹かれました。
と、コメントしたんですが、
痣のかたちを何かに似てるって思うのは、
本人よりも他人みたいな感じがするんですが、
これは多分本人の痣を、本人が思ってるんだろうな、
っていう、
そのちょっと自分自身から離れた感じがいいなって思いました。

音符を入れたうた。
桔梗さんの
死んでる、とふいに言ひたるひとの手にあをく滲んだその死に触れる
うたの日にもコメントしましたが、
「死んでる」という発見の言葉、
これがまず目を引きました。
「死んでるとふいに」ではなくて
「死んでる、とふいに」
と、読点が入ったことで、
そういった人と、聞かされた主体のおどろきが感じられました。
わたしは、
その人の手の中に、
何か実際に、生き物が死んでいるのが乗っている
って読んだんですが、
どうなんでしょうか。
「死んでる」って宣言されて、
見せられることで、
その生き物の死が、
記号としての「死」になっているようで、
なにか非常に切ない気がしました。

加賀田優子さんの
脇腹に薄くひろがる水たまりふりむくときにさざなみが立つ
薄いあざが脇腹のあたりにある、
そういう人を見ているのだと思いました。
薄い灰色って、
水の色に似てますよねー
ってそういうことではない?
もしかしたら、
本人は気にしてる痣なのかも知れないし、
そうではないかも知れないけど、
その痣のことは
お互いに口にしないんだけど、
でも主体は、
そこに水を見てる
っていいなって思いました。
スポンサーサイト

<< 備忘録というかチラシの裏的、人生においてトップ100に入る小説の半分 | ホーム | うたの日(11月29日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム