プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたの日(2月13日「違」)と連作の話


2月13日のうたの日は「甥/姪」「違」「操」「珍」でした。

「違」
間違えて止めてしまったタクシーで海まで行けばもうかえれない(しま・しましま)
そういう、行っちゃったら詰んじゃう、みたいな行動に
ふいに惹かれることがあるわけです。

ハートを入れたうた。
いっくんママさんの
保育園前で息子が泣き叫ぶ「間違ってるよ!」そうかもしれない
昨日は選んでみてから、
主体が幼い子供から「違」を突きつけられているうただな
って思ってちょっとびっくりしました。
こちらもとてもいいなって思って
どちらにハートをいれようか結構迷いました。
「保育園前」という一語で、
その情景がぱっと浮かぶところがいいですよね。
たぶん登園の時で、
「間違ってる」というのは、
自分が保育園に預けられなければいけないこと
に関することなんだろうなって思います。
「間違ってるよ!」
って大人びた言葉ですよね。
保育園前で泣き叫んでる子の口から出る言葉としては
ちょっと不似合いだけど、
そこが妙にリアルな感じもします。
幼い子供ってどこで覚えたのかわからない大人っぽい言葉を
ふいに使ってきたりしますよね。
「行きたくない」「いやだ」「おうちに帰る」
みたいな、自分の気持を言葉にするんじゃなくて、
「間違ってるよ!」
なんて言われたら、
親としては、何がとは言わず、いろいろと「そうかもしれない」
って思わざるを得ないかもって思いました。
つらい時間です。

音符を入れたうた。
睡さんの
首をふるばかりでなにも答えない子どもを抱きしめている水際
そう、これもハートを迷ったんですよね。
このうたは、
とにかく「水際」がいいなって思って、
ギリギリな感じやひやりとした空気、
ひたひたと何かが近くにある感じがあって、
子供と、その子を抱きしめてる主体、
どちらも心象的に水際にいるような感じが
緊迫感あるなって思いました。
「違う」という一言さえ口に出して言えないで
「首をふるばかり」の子と、
その子を「抱きしめ」るしかない親。
どういう状況下にあるのかはわかりませんが、
とにかく何かがギリギリなんだろうなって思うと、
胸がつまるようなうたでした。


えーっと、いつもはもうちょっと音符を沢山いれるので、
ここに感想もいっぱいかけるんですが、
今日は少し余っちゃいましたね。
何か物足りないので、
最近のわたしのことを少し書きます。
先月からせっせとHuluでゾンビドラマ
「ウォーキングデッド」を見続けているわたしですが、
余りに好き過ぎて、
ゾンビ短歌の連作なんかを作ってしまいました。
20首連作ですね。
ちょっと長いけど、
こちらがタイトルになります。
IMG_3143.jpg
ただ、
わーっと勢いで並べた20首なので、
連作としてどうなん?
みたいなところがあって、
ツイッターで、
「今すぐの話ではないですが、ゾンビ連作(多分20首)を読んで忌憚のない意見をグサグサしてくださる方を募集。読んで書いてやってもいいという方、リプでお願いします。」
と、声かけしてみたところ、
三人の方からリプをいただくことができました。
自作とはいえ、さすがにしばらく時間を置くと、
全体的な流れとか配置については
やや客観的に見ることが出来るような気がするんですが、
一首一首については
詠みたいところがちゃんと他人にも伝わるのか
っていうところが分からないんですよね。
作者なので自分の頭の中ではちゃんと見えてるので。
戴いたご意見を参考にして、
改めて手を入れた決定稿を
また三人の方には送らせてもらいます。
いや、ほんとに楽しくて、
うっかりうたの日にもゾンビ系で出しそうになるぐらい
今のところハマっております。
スポンサーサイト

<< うたの日(2月14日「つづきはWEBで」) | ホーム | うたの日(2月12日「ハンバーガー」) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。