プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日……のことじゃない話


2月17日のうたの日は……
「抜」で投稿したんですが、
この夜は句会で外出してたので、
選が出来ませんでした。
ちなみに
伝説の勇者でなければ抜けないと言われて火照る指先のとげ(しま・しましま)
でした。

後からいいなと思ったものをいくつか選んで
感想書こうかなとも思ったんですけども、
別の話題でもいいかなー
とか。
えーと、数日前にも、
連作の話をしましたが、
またその話。
ゾンビ短歌20首連作を作った、
という話なんですが、
これを三人の方に読んでもらいました。
「ゾンビ」っていうそのまんまな言葉を使いすぎ
とか
ゾンビイメージがよくある感じかな
とか
美醜のコントラストとか
うたの並べ方とか
あと、このうたについてはわからない
とか、
ご意見を頂いて、
ああー、なるほどそこは気がつかなかったけど、
たしかにそうだ
ってことばかりで、
ホントに色々アドバイスありがたかったです。
書いてもらったことを参考にして、
いくつかは部分的に手を入れて、
いくつかはさっくり別のうたに入れ替えたりして、
決定稿も送らせてもらいました。
多分こんかいのアドバイスは、
今後別の連作をつくるときも、
かなり有効なんではないかなーって思ってます。
一首一首のクオリティの問題は
とりあえずその時々で違うわけですが、
配置の仕方とか、
複数のうたを並べた時に、
このうたのこの部分がこっちのうたに干渉しちゃうとか
このあたりは何の連作でも同じですよね。
ちなみに今回の連作は、
前にも書きましたが、
ゾンビドラマ「ウォーキングデッド」が好き過ぎて作ったやつ
ってことですが、
20首連作で、
まったく新しい世界観のゾンビワールドを作り上げる自信がなかったのと
まったく新しいゾンビワールドだとしたら、
いくつか説明的なうたを用意しなくちゃいけないな
となると20首じゃ足りないなぁ
ってことで、
一応世界観としては、
みんながぼんやりと思い浮かべることが出来るゾンビワールド
を借りることにしました。
そこに一人の主人公を置いて……
という感じで詠み進めました。
ありものの世界観の上に、ではありますが、
フィクションの物語を構築していくのは
思った以上に楽しくて、
これはまた手を出してしまいそうな楽しさがあるなって
思ってます。
今回は三人の方に読んでもらいましたが、
次回(があるとしたら)、
もう少し人数が増えるといいなって思ってます。
よろしくお願いしますー。
スポンサーサイト

<< うたの日(2月18日「鼻」) | ホーム | うたの日(2月16日「空白」) >>


コメント

最後、そうじゃないな

次回があるとしての前に、へーこの人の連作か読んでみたいなって思ったもらえる人になるのが先だよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム