プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたの日(2月18日「鼻」)


2月18日のうたの日は「ダンス」「鼻」「偶然」「檻」でした。

「鼻」
とうとう雨が降りだしてきた帰り道 小鼻を伝ってゆく熱いみず(しま・しましま)

ハートを入れたうた。
雨宮 司さんの
鼻につくゴムの焦げてるような臭いどこから風に吹かれてるのか
稀によく、「ゴムの焦げてるような臭い」が
ふっと漂ってくることありますね。
うん、ありますよね。
炬燵とか、ストーブの前とかだと、
どこからも何もそこからだろってなるんですが、
このうたは、
多分外にいて、漂ってきた匂いに気がついた
という状況と思います。
で、わたしがすごくイイな!って思ったのは、
「どこから風に吹かれてるのか」
っていう下の句。
どこからその匂いがするんだろう
っていう、匂いの元を考えるんじゃなくて、
それが風に運ばれてきた、
元のなにかが風に吹かれてきたんだ
って思うところ、いいなって思います。
しかもほんのりかっこいいし。
ボブ・ディランですよ。
そうだ、ボブ・ディランだ
って思うと、
この「鼻につくゴムの焦げてるような臭い」も、
単なる現象ではなくて、
やばい世界情勢を風に聞いてるようにも思えます。

音符を入れたうた。
高槻さんの
祖父と母わたし息子とだんご鼻さくやこのはな受け継がれゆく
連綿と受け継がれるものをあたたかく詠まれてて、
しかもそれが「だんご鼻」っていうところが
楽しいうたでした。
面白さに振りきってなくて、
美しい詩語がさらっと詠み込まれてるところも
ステキだなって思いました。
古今和歌集の
難波津に 咲くやこの花 冬ごもり 今は春べと 咲くやこの花
の「さくやこのはな」ですよね。
ちょうど今ぐらいの季節と、
この元のうたで詠まれてる梅の花がぴったりで、
待春の気持もなんとなく感じられるところが
あーなんかすてき
って思いました。
「だんご鼻」って、
正直言ってそこまで羨ましい遺伝ではないですよね。
でも、これがうちの母方の血筋
って言い切れちゃうところに愛情を感じます。
「祖父」「母」「わたし」「息子」と
受け継がれた「だんご鼻」。
ここに「さくやこのはな」の一語があって、
その先も受け継がれていけって願ってるような気がしました。

大橋春人さんの
鼻水のついたティッシュを燃やしますいつか誰かの雨になります
「鼻水のついたティッシュ」を「燃や」すこと。
水分を含んだティッシュを燃やすことで、
その水分が蒸発し、
いつか上空に雲として溜まっていって、
遠い将来雨として降って来るだろう
っていうことの、
理屈部分だけを削って、
風が吹けば桶屋が儲かる的な表現をされてるところが
面白いなって思いました。
しかもそのティッシュは「鼻水」がついてるという。
後で出て来る「誰かの雨になります」から、
なんとなく鼻炎の鼻水ではなくて、
泣いたついでの鼻水な気もします。
今の辛いとき、泣いた涙も鼻水も、
いつか昇華してって「誰かの雨」になる
って思う時、
「誰かの雨」が福音として、
めぐみの雨として詠まれてるのだとしたら
それはロマンティックでやさしいうただなって思います。
スポンサーサイト

<< うたの日(2月19日「くじら」) | ホーム | うたの日……のことじゃない話 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。