プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(2月20日「ゑ」)


2月20日のうたの日は「抱」「ゑ」「自」「大」でした。

「ゑ」
ぎこちなく振られてゑゑと鈴が鳴る願ひはどこで叶ふのでせう(しま・しましま)
「ゑ」一文字!
「え」って読む古いひらがななわけですが、
ひらがな一文字って難しくないですか!?
どう「ゑ」で詠んだらいいんだろうって
頭を抱えたお題でした。
「ゑ」でわたしがまず考えたのが、
いろはうたの
「あさきゆめみし ゑひもせす」
でした。
ずっと文字通り「えひもせす」あるいは「えひもせず」
だと思ってたのが、
あるとき、
「酔ひもせず」だって知って、
なんだかとてもびっくりしたことがあって、
酔うで「ゑ」使えるかなー
とか思ったわけです。
が、なかなかうまく使いこなせなかったんで没。
もう一つ、「ゑ」というと
これがあります。
強烈な「ゑ」
加藤治郎さんの
にぎやかに釜飯の鶏ゑゑゑゑゑゑゑゑゑひどい戦争だった
これには引きずられちゃいけないな
自分を強く持って!
って励ましたんですが、
うーん、やっぱり「ゑ」一文字は難しかったです。

ハートを入れたうた。
西村曜さんの
ゑをるって読んでいたころゑゑゑゑゑ(るるるるる)戦争なんて知らなかったよ
ところが!
こうやってあざやかに加藤治郎の本歌取りされてる方がいて
どびっくりでした。
しかも、「ゑゑゑゑゑ」を「るるるるる」と読ませるという!
オリジナリティ溢れる表現がすごく面白いなって思いました。
ちゃんと、「ゑゑゑゑゑ」が「るるるるる」である理由も
ナチュラルに分かるようになってるし。
「って読んでいたころ」「るるるるる」「なんて」「知らなかったよ」
と、軽くて明るい詠み方で、
後ろに重たい「戦争」が横たわってる感じもいいなって思いました。
その明るい詠み方が、幼さ(無知)から来るもので、
今は「戦争」について、まったく知らないわけじゃないって
そんな感じがします。

音符を入れたうた。
睡さんの
こゑといふ器に流しこむ為のこころが足りず黙つてしまふ
このうたは
旧かな遣いで「ゑ」の入る言葉をつかったうた。
初句にばーんとその「こゑ」を持って来てるところが
題を意識したうたって感じがしました。
で、「ゑ」に無理がないところがいいですよね。
「こゑ」が「器」である
っていう前提がまずすてきだなって思うし、
その器に入れるものが「こころ」である
っていうのもすてき。
そして、その「こころ」が足りないので何も「こゑ」に出来ない
ってうわー、いい!
って思いました。
「こゑ」「こころ」とさりげなく韻が整えてあって、
なめらかなところもいいなって思いました。
スポンサーサイト

<< うたの日(2月21日「群」) | ホーム | うたの日(2月19日「くじら」) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム