プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたの日(2月21日「群」)


2月21日のうたの日は「任」「胸」「群」「菌」でした。

「群」
みかんの皮にみかんじゃないゴミなどつつむ暴挙に群れのざわめき始む(しま・しましま)

ハートを入れたうた。
ミルトンさんの
舌打ちにこころ弱まる群集のなかで進路をゆずりあうとき
あー……
って思うぐらい分かるっていうか
そう、そうやってすり減らしてしまうんだよね
って共感したうたでした。
「舌打ち」ってホント嫌ですよね。
中でもすれ違いざまに知らない人からされると
ほんとキツイ。
何だコイツって思えるような、
完全にやる気まんまんな状況ならまだいいんだけど、
「群集のなかで進路をゆずりあうとき」
っていう、
お互いに軽く相手を思いやって行動しようと思ってるときの
「舌打ち」。
これは、ゆずりあっている相手からなのかも知れないけど、
流れを阻害されたと思った「群集」から聞こえてきたと
そんな風に感じました。
なんだろうな、もう
ただしずかに「こころ弱まる」しかないですよね。
抑揚のあるリズムと端的な描写が
余計にそのつらさを感じさせるように思いました。

音符を入れたうた。
常盤このはさんの
クレパスの使わなかったぐんじょうを君と最後に見た海に塗る
「クレパス」、クレヨンでもパステルでもなくて、
サクラクレパスの「クレパス」というチョイス。
あの黄色のパッケージのなつかしいやつがぱっと浮かんで来ます。
なんか不思議なんですよね。
「クレパスの使わなかったぐんじょう」
っていうのは、多分、子供の頃に「使わなかった」
ってことなんだと考えるんですが、
「君と最後に見た海」
というのは、子供時代の話ではないんじゃないかな
そう考えると、
時間の軸がぐりっとずれてる感じがして、
そこが不思議な感じなんです。
「群」という題から、
「群青」というフレーズを連想して、
そこから、
ああ、そういえば子供のときにクレパスのあの濃い青は
ほとんど手付かずのままだったな
って思い出して、
今、あの「ぐんじょう」色のクレパスを使うとしたら、
「君と最後に見た海に塗る」のが一番ふさわしいな
って思った、
みたいな。
勝手に短歌制作の裏を想像してしまってごめんなさい。
でもそんなことを想像して、
わたしもなつかしいクレパスの色のことを思い出したりさせてもらいました。

桔梗さんの
ふかいふかい森にひつそり群れてゐるきのこであつた前世を思ふ
うーん、わたしもこういう前世だったらいいな
っていうか、来世がそうでもいいな
って思っちゃいますね。
すごーく雰囲気があるんだけど、
この短歌を整理しちゃうとほとんど何も言ってない
っていうところも、
短歌のすてきさっていうか面白さですよね。
ひらがな多めでひらがなの中に
ひっそりと「きのこ」が置かれてるようにも思えて
そこもいいなって思いました。

WPPさんの
海わたるモンシロチョウの群れを見た本の結末をいまだ知らず
渡りをする蝶はたしかにいますが、
モンシロチョウが海を渡るって……
ってびっくりしますが、
たしかに文献にはそういう例があるみたいですね。
何か生存に関する抜き差しならない事情があったのか、
あるいは群ごと風に持ってかれてしまったのか。
謎めいています。
さて、このうたでは、
「~群を見た」「本の結末を~」
となっていますが、
この「見た」は終止形の「見た」で、
見たのは主体本人なのか、
あるいは「見た本の」と繋がって、
見たのは本の中の登場人物なのか
その辺りがはっきりしなかったんですが、
後者かなって思って読みました。
群とはいえあのよわよわしいモンシロチョウが
海を渡って向こう側まで無事に着けるだろうか
そう考えたとき、
何か悲劇的な想像が先に立ってしまって、
その本の続きが読めなくなってしまった
みたいな感じなのかなって思いました。
たまたま、何かの事情で
読みかけのままで今に至ってしまったという
それだけなのかも知れません。
それでも、ふっと、
あの最後まで読めなかった本には、
そんなエピソードが載ってたなって思い出す
それだけでなにか、心にふわっと来るものがありました。
スポンサーサイト

<< うたの日(2月22日「滴」) | ホーム | うたの日(2月20日「ゑ」) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。