プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(2月25日「泳」)


2月25日のうたの日は「牛」「門」「天」「泳」でした。

「泳」
泳がないこに教室はやさしくてミルメークの粉こぼしてしまう(しま・しましま)

ハートを入れたうた。
松岡拓司さんの
ぬるき夜を背泳ぎすれば星近くついに宇宙の一部となりぬ
うたの日に
暗い水面にすうっと浮かんでるような浮遊感が心地良いなって思いました。経験はないですが、遠近感がなくなって「宇宙の一部」になるような感じ、なんか分かるような気がします。
とコメントしましたが、
ホントこの、なるような感じが
すごく好きでした。
ふっと自我を失うような感覚、
あるなって思いました。
上の句の
「ぬるき夜を背泳ぎすれば星近く」
の○○すれば△△の、
行動からの結果が視覚的なところから、
「ついひ宇宙の一部となりぬ」の、
スムーズな飛躍の仕方も好きだなって思いました。

音符を入れたうた。
中牧正太さんの
この胸を撃つのだろうかこの男もう少しだけ泳がせてみる
うたの日にも書きましたが、
「この男もう少しだけ泳がせてみる」
という下の句がかっこいいなって思いました。
「この男」という
わざと突き放したような表現がいいですよね。
恋に落ちる予感がする、そんな相手なんでしょうか。
そうやってマークしてるところが
気がついてないけどすでに撃たれてるような
そんな気もしないでもないですが、
大人の女の余裕っぽくしつつ、
全然余裕なさそうなところが面白くてすてきって思いました。
このうた、
出詠メンバーを見ながら、
中牧さんっぽいなぁ
って思ってたんですが、
やっぱり中牧さんのうたでした。
女性視点のうたがめっちゃドラマチックなんですよね。
内容がというよりも、言葉の使い方がドラマチック。
そんな印象を実は中牧さんに持ってます。
男性視点詠だとまた違うところも面白いんですよね。

時子さんの
冬の日は泳いだあとの自販機の薄いココアが懐かしくなる
子供の頃とか、
そこまで古い記憶でなくても、
過去によく飲んでいたものが妙に懐かしくなる
そういうことってありますよね。
このうたは、
「冬の日」に「泳いだあとの」飲み物が懐かしくなる
ということは、
スイミングスクールに通っていた頃、という感じでしょうか。
「薄いココア」っていう、
今、わざわざ求めてまで欲しいようなものでもない
安っぽい味のココアが、
ふっと懐かしくなるっていう感じが
あるなぁって思って音符を入れました。
「薄いココア」っていうのがいいなって思います。
「冬の日は」「懐かしくなる」
の部分が現在で、
「泳いだあとの自販機の薄いココア」が
過去の部分なんですが、
過去部分が丁寧に描写されてるだけに、
現在部分の「冬の日は」が
ちょっとあっさりしすぎなような気も少しだけしました。
スポンサーサイト

<< うたの日(2月26日「多分」) | ホーム | うたの日(2月24日「アリバイ」) >>


コメント

はじめましてm(__)m

初めてコメントさせていただきます。松岡と申します。

しまさま、いつもうたの日で拝見しております。ミルメークの歌ですが、教室がやさしいというのは、クラス全体(クラスにいる人ももちろん)がいたわりの優しさを醸すというようなイメージで、郷愁というかふるきよき時代というか、とてもいい感情に満たされる歌ですね。ありがとうございました。

わたしの歌も取りあげていただき、感謝です。

もし差し支えなければTwitterをフォローさせていただければうれしいです。

今後ともよろしくお願いいたします。

Re: はじめましてm(__)m

コメントありがとうございますー。
背泳ぎのうた、ホントすてきでした。
ミルメークのうたの感想もありがとうございます。
あとで、ミルメークっていう言葉が、
世代的にも地域的にも印象が安定してなかったことに気がついて、
固有名詞を使う難しさを実感しました。
またよろしくお願いしますー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム