プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(3月2日「公」)


3月2日のうたの日は「春一番」「雀」「怪」「公」でした。

「公」
非公式情報を得てかえる道なんどもお腹に手を当てながら(しま・しましま)

ハートを入れたうた。
ふるたつむぎさんの
「また同じ家族で人生をやりたい」とタコ公園のベンチで父は
うわー、すごくいいシーンだな
さらりとした中に思いの籠ったいいセリフで、
公園のベンチっていうのもそれに相応しいいい場所だな……
ただし公園の名称、お前だけはダメだ
みたいな、
一箇所だけすこーんと抜けたところが
すごく面白いうたって思いました。
公園の名前がひどすぎる所為で、
もうなんもかも台無しだよ
っていう面白さ。
こういうの、実はかなり好きです。

音符を入れたうた。
nu_koさんの
公団のうすいベランダそれぞれにはみだしている生活のいろ
「公団」公団住宅のことですよね。
けっこうくたびれた感じの公団住宅を想像しました。
そこのベランダを「うすいベランダ」としたところに、
そのくたびれ感、
なんとなく漂う侘しさがあるなって思いました。
で、
「生活のいろ」が「はみだしている」っていうのが、
ホントぱっと目の前にその情景が浮かんで来るようで
いいなぁって思いました。
洗濯物だったり、布団だったり、
もしかしたらベランダに青いゴミ箱とか置いてあったりするかもだし、
ゴミ袋が一時置きされてるかもしれないし、
逆に、そんなささやかなスペースにも
花が咲いているのかも知れないし。
「それぞれ」な感じが想像されていいなって思いました。
スポンサーサイト

<< うたの日(3月3日「耳」) | ホーム | うたの日(3月1日「本気」) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム