プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(3月4日「圧」)


3月4日のうたの日は「暖」「想」「圧」「良」でした。

「圧」
圧力鍋の蒸気を抜くのがこわいので図書館へ行くシチューを置いて(しま・しましま)

ハートを入れたうた。
銀さんの
風圧で好きと伝われこの春は桜吹雪を味方につける
この春に行われるであろう告白の
その情景がわーっと頭の中に鮮やかに浮かんで来る
そんなうたで、
とにかくそこが魅力的でした。
勢いもありますよね。
わたし勢いがあって明るくて、
そしてピンク色のイメージが
実は大好きなんですよ。
このうたにはそれが全部入ってるんで
ハートを入れるしかなかった。
何かのキャッチコピーになるんじゃないだろうか
って思うぐらいにリズミカルですよね。
「風圧で好きと伝われ」
っていう上の句の命令形。
そこからの間髪入れない感じで続く
「この春は」って上の句の頭が入ってくるの、
いいなって思います。
二句切れって上の句と下の句の間に、
あんまりインターバルがないような感じがして
勢いが出るのかもって思いました。
絶対この恋成就させる!みたいな
そういう強い思いとうたの勢いが魅力的なうたでした。

音符を入れたうた。
中牧正太さんの
蠢くなまだ飛び出すなポケットの中の圧倒的アイラビュー
意図したわけではないですが、
ハートを入れた銀さんのうたと
もしかしたら同じ鑑賞を書いてしまいそうな、
そんなうたでした。
これも二句切れでリズミカルな
将来的に愛の告白を予感させるうたなんですよね。
ピンク色はないんですが、
その代わりにこのうたには
「圧倒的アイラビュー」がある。
そして「蠢く」がある。
このきっちりとパワーワードを置いていくスタイル、
あーわたし作者わかっちゃったんですけどですけど
って思って一人でほくそ笑んでしまいました。
「圧倒的アイラビュー」の鮮やかさは勿論ですが、
「蠢く」がすごいなって思いました。
そうとうに気持の悪い言葉ではありますが、
「春」って漢字が含まれてます。
「蠢」って「しゅん」とも読みますし、
「春」のイメージをさらっと紛れ込ませてるんだろうな
って思うと、
うーんやるなぁと唸るしかない感じ。

小林礼歩さんの
雨の日のしるしを受けた一枚の圧着ハガキをゆっくりはがす
「圧着ハガキ」って、
わたしのところに届くのはあんまりいいものではないことばかりなんですが、
このうたの圧着ハガキは、
きっと特別な知らせが隠されてるんじゃないかなって
そんな気がするうたでした。
「雨の日のしるしを受けた」
っていうところがステキですよね。
明らかに雨粒が落ちて濡れた形跡がある
っていうのを、
なにか福音のように捉えられてるような。
しずかな佇まいも感じられていいなって思いました。

森下裕隆さんの
生ぬるい缶を圧迫面接を終えた瞼に押し当てている
情景も、缶を瞼に押し当てるその理由もすっと分かる、
自然な感じがいいなって思ったうたでした。
「圧迫面接」の強い「圧」と、
缶を押し当てるという弱めの「圧」の
強弱とか疲労と癒しの対比とかが
いい感じだなぁって思います。
残念だなぁって思ったのは、
読んでみるとちょっとリズムが悪いというか
「缶を」「面接を」と「~を」が並んだ形になってて
意味が取りづらくなってるところ。
言葉の順序を入れ替えたりすると
もうちょっとすっきりするかもって気がしました。
スポンサーサイト

<< ツイッターで遊んだものまとめ1 | ホーム | うたの日(3月3日「耳」) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム