プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

自由律俳句と定型俳句(まとまらないまんま)


昨日の深夜、ネットで
自由律俳句と定型俳句の人の話を読んで、
ふうーんとその後色々考えさせられました。
定型俳句の人、
あるいは俳句をしない人もそうかも知れないけど、
いわゆる自由律俳句、
575の定型と季語という、
少なくとも現在の俳句を定義する上で必要不可欠とされる
この二つの大原則を手放した自由律俳句、
これを「俳句」と言っていいのか、
ツイッター上の呟きとはどう違う?
詩として認めるとしても、
「俳句」というカテゴリーにこだわる意味は?
一行詩、でいいじゃない
みたいな、ね
そういう疑問を持つことと、
いや、自由律俳句も俳句の一つなんだ
っていう意見ね。
(と、思って元の話を読んだんですが、
微妙に違ってたらごめんなさい)

わたしは
俳句を俳句たらしめている要素って
もちろん定型と季語というお約束もありますが、
それ以上に「切れ」と「我」だと思ってます。
前者二つだけなら、
それって川柳とどう違うの?
って話に突入しちゃうと思うんですよ。
あとは、
何を自分が今詠んでるのかっていう意識ね。
自分が詠んでるのは「俳句」
自分が詠んでるのは「川柳」
自分が今ツイートしたのは「俳句」
自分が今ツイートしたのは「つぶやき」
そういう意識。
そんなかにも上手いとか下手はもちろんあるけど、
俳句とは認められないとか
そういう批判はおこがましいんじゃないかなって思ってます。

ところで、そもそも話になるんですが、
いわゆる「近代俳句」と
自由律俳句の芽だった「新傾向俳句」、
考えてみれば大した時間的な差はないんじゃないかなぁ
って思うんですがどうでしょう。
勿論連歌からの発句の独立、江戸俳諧とか
そういうものを含めちゃうと、
けっこう歴史の差はありますが、
正岡子規の始めた俳句革新からを近代俳句とすると、
うーん、日清戦争直前ぐらい?
明治26、27年ぐらいですかね。
で、
河東碧梧桐が「新傾向俳句」という
新しい俳句の方向性に走り始めたのが、
明治40年前後ってとこでしょうか。
ちなみに、
「伝統俳句協会」
って団体がありまして、
これは高浜虚子から連なる俳句結社「ホトトギス」と、
その子、孫結社などから作られてる、
とわたしは認識してるとこなんですが、
伝統ですよ。伝統。
でも
高浜虚子が本腰入れて「ホトトギス」で俳句を指導し始めたのって、
碧梧桐が新傾向俳句に入れ込んで、
(一時ではありますが)俳壇がすっかり新傾向俳句に傾いた後なんですよね。
まあ、まだその頃は
自由律とか無季を掲げてやってたわけではないんですけれども。
碧梧桐の門下だった荻原井泉水が、
無季をゲットしたのが大正の初めぐらい。
自由律の親とも言える新傾向俳句のあととも言えるんじゃね?
みたいな気持になったりします。
まーこれは
突っ込まれればボロが出て来る
適当な言いがかりみたいな話ではありますが、
自由律俳句は
はぐれものが歴史の途中で横道に逸れて、
それでも「俳句」っていう看板を使ってる
みたいな話ではないんじゃないか
ってことがいいたかったわけです。
新しい俳句を模索してた、
まだ俳諧が俳句となって日の浅い頃、
すでに、のちに自由律俳句へと続く道が分かれてた
だから、今更、それ俳句って言っていいのか
って言うのも何様だよって気がしないでもないです。

なんかまとまりのない文でしたが、
まとまりないついでに
もうちょびっと。
河東碧梧桐が始めた新傾向俳句についてですが、
これは(わたしの思うところではありますけども)
同じ頃文学界で興った自然主義の影響が多分にあって、
これって超客観の姿勢で物事を把握しよう
みたいな感じだったのが、
次第に矮小化してって、
最後には私小説になって終っちゃった、
みたいなやつですよね。
碧梧桐も、超客観で考えると、
定型に当てはめるとか、
一句の中にひとつの強いイメージを盛り込むっていうのは、
それは作為になっちゃう、
みたいな、
たしかそんなことを言っていたと思います。
スポンサーサイト

<< 「うたの日の投稿を文語旧仮名遣いでやってみる期間」も明日で終りなこと | ホーム | ツイッターで遊んだものその3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム