プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

落選10/40/150首


未来短歌会の「未来」誌に投稿して
掲載されなかった、
つまり選で落とされた短歌が40首になりました。
これはなかなかすごい数じゃないかな。
15回、毎月10首送って、150首。
その中で掲載されたものが110首の、
されなかったものが40首。
未だにそのボーダーがどこにあるのか、
わかっていないわたしですが、
とりあえず自省を促す意味を込めて、
そこから10首ほど引いてみたいと思います。



春の地面はふんわりやわらか転んでも痛くはないよ ひざももさくら

やわらかに匂うニベアよ俯いたともだち連れたともだちの母

ヨーグルトにしずかにホエーはたちこめてわかっていれば終りもおだやか

不安定に重ねる食器こんなにも何かに期待していたなんて

そうだ君はしつこく思い出されるけれどなまえを知らないあの曲みたい

鰯手開きすればこんなに親指へ肉より骨のあたたかいこと

レゴブロックあるだけ縦に繋いだらどこで折れても許されそうだ

心からよかったと思う君がまだシャボンの苦さ覚えているの

昼にみる月はいつでも欠けていてみんなで食べたケーキを思う

すすめられるままにチョコレートをかじる 苺、ですねと口には出さず

スポンサーサイト

<< 五月中に詠んだ短歌のこと | ホーム | ネットプリント出してますという話 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム