プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

チャレンジ、微妙に失敗


本当はこの記事は、6月1日ぐらいに書くつもりだったんですが、
昨夜、大失敗しちゃったので、
二日切り上げてしまいます。

というのは、うたの日のこと(またかい)。
実は今月、
しま・しましま名義ではなくて、
銀のお匙亭という名義で、
十日ほど前からうたの日に投稿してました。

きっかけは、
「恋人」というお題で
「ほんとうに何にもないね、冷蔵庫」「恋人が出て行っちゃったからね」
という短歌が出来て、
この物語を連作に出来ないかなぁと思ったことでした。
で、きっかけのうたがうたの日の題詠から出来たんだから、
残りも全部うたの日の題詠でやってみよう
うたの日のお題で、
毎日一首ずつ詠む連作にチャレンジしよう
と、思ったわけです。
5月末まで12日あるから、
うまくいけば10首+アルファの連作が出来る、と。

名義を変えたのは、なんとなくでしたが、
名義を変えた以上は
出来るだけ中の人がしま・しましまだと
ばれたくない。
でも投稿するからには選もしたいしコメントもしたい。
しかし、感想の散文書くと、くせが出てばれるかも知れない
ということで、
投稿は「銀のお匙亭」
選とコメントは「しま・しましま」で
というのを自分に課すことにしました。
ところが、昨日とうとうやっちゃったんですよね。
選を「銀のお匙亭」で。
投稿と選が「銀のお匙亭」で
コメントが「しま・しましま」
うーん……
誰もそんな事チェックしないし気付かないだろ
とは思ったんですが、
まあ、ほぼ終りに近かったこともあって
潮時と判断しました。
今日の分も一応用意したあとだったんですけどもねぇ。

それにしてもスリリングなチャレンジでした。
一応の連作のテーマだけはあるんだけど、
それをどう毎日のお題と擦り合わせていくか、
最終的に軸をずれずに全う出来るか。
一応、一応は
わたしの中で設定とストーリーがずれずに出来た、
と思ってるんですけども、
端からみたらどうなんでしょうね。
ちなみに、
うたの日の成績は、
うーん、微妙?
って感じだったことをお伝えしておきます。


「卵ポケットは外しておくよいつだってきみが戻ってこられるように」

既視感がありますねってただぼくをみていたひとの白い白い首
ガムシロが混濁させるアイスティ「どこかでお会いしてたでしょうか?」
あれは、そう、あれは、と言って黙り込む人 食い気味に折からの雨
一枚の毛布もきみと分け合えない代りに何度もおやすみを言う
恋人は眠れる森の雪女麦茶出すときちょっとぶつかる
ほうれん草を毎日三束こころまできみは緑に染まりたがって
勾玉のしせいで眠るこいびとを照らすあかるい冷蔵庫のひかり
けんかした夜はいっぽんの木になって窓の向うを眺めていたね
肺胞があおくなるほど冷たくて恋人の息吸い込んでいる
その地図に居場所がないと泣く人の髪を撫でれば冴え冴えと黒
残された靴ひんやりと靴箱に 出すこともなく色褪せもせず
「ほんとうに何にもないね、冷蔵庫」「恋人が出て行っちゃったからね」

スポンサーサイト

<< タイトルなし | ホーム | 初夏の季語 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム