プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたの日(ジャンパー)

うたの日
1月28日歌題「ジャンパー」

ジャケットを借りてはおれば鳴る小銭帰る途中で何度も鳴らす(しま・しましま)

お題は「ジャンパー」と「2倍」
お題が「ジャンパー」なのにジャケットでいいんだろうか…
と、思いつつも出してみました。

ジャンパーを借りてはおれば
でも良かったんだろうけど、
なんとなく「ジャンパー」って重たいイメージがあって、
「ジャケット」で軽さが出るかなぁ
と、考えたわけですが、
どうも素直にジャンパーにしておけばよかったのかも。

ところで、このお題を最初に見た時に
浮かんできたのは、
スティーヴン・グールドの小説「ジャンパー」でした。
映画にもなったよね。
スポンサーサイト

<< うたの日(造) | ホーム | うたの日(無難) >>


コメント

こんにちは

こんにちは~

最近、短歌に興味を持ちはじめました。
自分で詠みたいとは思うとことまでは、まだ来ていないけどね。

実は、お仕事が入力屋さんなの。
小説、作文、それ短歌など。
なぜか俳句は少ない。。。

今までは、短歌ってだらだら長すぎてどうなの?って思っていたの。
俳句だと十七音がびしっと決まったときは、すごい爽快感があって、ある種のスポーツか賭け事に当たったみたいな気分になる・・・。
そういう感覚って短歌には感じられないような気がしていたの。

気にもしなかった短歌なのに、今、作業が進行している佐藤佐太郎の全集が興味を持たせてくれた。
こういう風に言葉を選ぶか!って、ついつい読んでしまう。
と言うことで、短歌に少しだけ興味を持ち始めたおたまです。

Re: おたまさん

短歌、面白いですよね。
詠むのもだけど、読む方はもっと面白い。

そういえば、実はわたしも、副業というか有償のお手伝い程度ですが
印刷屋さんの入力バイトもしています。
こちらは逆に、
俳句関係ですね。
超年配の方の手書き原稿を読み解くのも大分なれてきました。

佐藤佐太郎さんという方は知らなかったけど、
興味のない人に興味を持たせる歌人って
なかなかステキですね。
読んでみたいなぁ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。