プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ツイッターで遊んだものまとめ1


転載しておかないと忘れそうなので、
この間ツイッターで遊んでいたものを。

#1ふぁぼごとに存在しない句集の106ページ左端の句を書く
というハッシュタグ。
面白そう!って思ってやってみたんですが、
これが思った以上に楽しかった。
句集タイトルを付けるのが意外に難しくて、
なんとかタイトルをつけたら、
今度はその句集の表題作も詠んでみたくなって、
15の句集の106ページを書いたあと、
その句集の表題作を書く、に勝手に移行しちゃいました。


雛納めきみの釦をまぎれさす (106ページ左端)
ジャパニーズディライトさくらふぶきけり (表題作)
「ジャパニーズディライト」


イメージとしては十代後半の女の子の句集。
季語は「雛納め」(雛人形を片付けること)「さくら」。
ちなみに「ジャパニーズディライト」は、
ナルニア国物語に出て来るお菓子「ターキッシュディライト」から
思いつきました。日本の歓び、みたいな。

トランクス少年立たす春の海 (106ページ左端)
鎮魂感かすかに海水パンツかな (表題作)
「鎮魂感」


最初に句を作ったときはそこまでやりすぎる気は全然なかったんですが、
タイトルを「鎮魂感」としてしまったせいで、
暴走した感ありますね。
面白かったからいいんですが。
季語は「春の海」「海水パンツ」。

つぎつぎと雲を吐き出す辛夷かな (106ページ左端)
旅鞄ひとつまとめて夕焼けぬ (表題作)
「旅鞄ひとつ」


これは割と落ち着いた俳句を書かれる方の句集、
みたいなイメージ。女性の作品という感じで。
季語は「辛夷」「夕焼け」。
ちなみに「夕焼け」は夏の季語となっております。

泳ぐたびあふりか遠くなりにけり (106ページ左端)
もう半分過ぎてしまひぬ走馬灯 (表題作)
「もう半分」


割と自分、というかしま・しましまに近い句集ぽい。
タイトルの付け方も。
季語は「泳ぐ」「走馬灯」。
泳ぐはいいとして、走馬灯って季語なのかよ!
ってなりますが、
よく「これまでの人生が走馬灯のように」とかいいますけども、
本物の走馬灯は、回り灯籠のこと。
えっ回り灯籠ってお盆とかに飾るやつじゃない?
だったら秋の季語?
って思ったりするんですが、
どうも夏の夜の遊びみたいなものだったらしくて夏の季語となってます。

是非もなく飲み屋に集ふ雛の夜 (106ページ左端)
海近き町なれば驟雨も潮の匂ふ (表題作)
「驟雨集」


30代男性ぐらいを想定した挽歌を軸にした句集、
みたいなイメージ。
季語は「雛の夜」「驟雨(しゅうう)」。

夕顔のよこに氷の届きたる (106ページ左端)
スナックパブよしえのママの焚火顔 (表題作)
「スナックパブよしえ」


わたし自身、しま・しましまというよりももうちょっとわたしに近い感じ。
「スナックパブ」ってなんだよ
「パブスナック」だろ、普通。
って思うでしょ。実際に素で間違えてそう店名に入れてたママがいたんですよ。
季語は「夕顔」「焚火」ですが、
「焚火顔」とか勝手に作っちゃった。

「人生は一度きり」暗転 春の闇 (106ページ左端)
むかしむかしイタリアの木の人形に月おぼろ (表題作)
「ピノキオ句集」


これは今回新たに作ったものじゃなくて、
以前ネプリで出した「ピノキオ句」から。
なので、句集としては存在しないけど、すでに存在する句だったりします。
季語は「春の闇」「月おぼろ」。
「人生は一度きり」ってセリフは、
ディズニーの「ピノキオ」の中で、
遊園地でピノキオと一緒に悪さしてた悪童のセリフ。

林檎剥く真つ赤な舌でありにけり (106ページ左端)
スヰートピー誰へともなくしづくする
「しづくする」


これは二十代前半ぐらいの女性をイメージ。
「林檎」「スイートピー」が季語。

菓子鉢のルマンド順に割りて春 (106ページ左端)
蓑虫のまだ薔薇の木に夢を見て (表題作)
「薔薇の木に」


全体的にごちゃっとした感じの句集、
みたいなイメージを持ってます。
季語は「春」「蓑虫」。
花としての「薔薇」や、「薔薇の芽」は季語だけど、
この句では「薔薇の木」だからセーフセーフ。

寒林に弾き出されてしまひけり (106ページ左端)
(交はした会話が風に取られてかんばせ岬に集まつてくるといふ)
もう一度聞きたく岬の先のさき (表題作)
「かんばせ岬」


この句集もタイトルに造語を持って来て、
そこから楽しくなっちゃったもの。
「かんばせ岬」の「かんばせ」は
顔じゃなくてカンバセーションの「かんばせ」だったり。
前書きも付けるタイプみたいなのも
面白いかな
っていうか前書きないと通じないかもって思いました。
季語は「寒林」と、無季。
無季俳句も混ぜたかったんですよね。
喪失感みたいなものを軸にした句集とか
そういうイメージの句集でした。

啓蟄やトイレットペーパー最後まで白 (106ページ左端)
夏休み後半食べられないパンばかり (表題作)
「食べられないパン」


これもわりと自分が入ってるかなぁ。
ゆるい定型感で詠む伝統俳句みたいな。
季語は「啓蟄」「夏休み」。

塩袋に背骨のごとく秋の匙 (106ページ左端)
戻らぬと決めて桜の三分咲 (表題作)
わたくしへ桜咲く散る覆水祭 (表題作)
「覆水祭」


タイトルの「覆水祭」は造語。
覆水盆に返らず、の覆水です。
こぼれた水のことね。
離婚を決意した女性を想定して、
それを軸に編んだ句集みたいな感じ。
表題作が二つなのは、
「覆水祭」を詠みこんだ句一つだと、
ちょっと独立してなかったかな、と思ったからでした。
季語は「秋」「桜」。
「秋の○○」みたいな使い方、
本当は微妙にNGだったりしますが、
こういうのも入れてみたかった。

残雪のただひたすらに光りゐる (106ページ左端)
美作の三鬼の梅を見に行かむ (表題作)
「美作行」


岡山県美作市での旅吟をあつめた句集
みたいなイメージ。
「みまさか」って語感がすごく素適じゃないですか?
ちょうどこのくらいの季節に美作へ旅行へ行った感じで。
ちなみに、
「三鬼の梅」ですが、
ふるさとの美作の梅熟れにけむ(西東三鬼)
を下敷きにしました。
三鬼の「梅」は実梅の方なんですが、
この句集の表題作はあえての花梅と思って欲しいところです。

秋暑しレゴ基礎板の踏めば割れ (106ページ左端)
勇魚釣り冬の星座を欲しいまま (表題作)
「勇魚釣り」


ちょいちょい自分が登場しますが、
これもどちらかと言えばわたしの句ですね。
というか、勇魚釣りの方は、しま・しましまのツイッターで
過去に流したことのあるやつですし。
季語は「秋暑し」「勇魚(いさな)」。
「勇魚」っていうのは鯨のことです。蛇足ながら。

平成の次は相生明易し (106ページ左端)
ドドドドッピオの谺の戻る去年今年 (表題作)
「日常」


これは、あらゐけいいちの漫画「日常」の二次創作的なやつ。
ピノキオ句集と同じような感じですね。
季語は「明易し(あけやすし)」「去年今年(こぞことし)」。
あんまりなじみのない言葉かなって思うので補足しておきますが、
「明易し」は、夏の夜が短くてすぐに明けてしまう、というもの。
「去年今年」は、去年&今年のことではなくて、
大晦日の夜、去年と今年が入れ替わる時のことです。


黄砂降るわけても砂丘の駱駝らへ (106ページ左端)
「どうぶつ年鑑」

ジェイコブズラダーへ豆の蔓のぼる (106ページ左端)
「迷子札」

あたたかやしかけ絵本から指も出て (106ページ左端)
「こつんこん」


これらは15の句集を往復しおわったあとの、
ロスタイム(って今は言わないんでしたっけ?)みたいなもの。
「黄砂降る」「あたたか」が無理のない季語ですね。
「豆の蔓」は超アヤシイ季語。
というか、認定されないかも。
一応「のぼる」って付けたので、
大体季節感は出てるんじゃないかと思いますが。
で、この句の「ジェイコブズラダー」はアレのことです。
日本語にすると「ヤコブの梯子」。
「天使の梯子」とか「日矢」とか「薄明光線」とか言いますが、
雲の間から光が漏れて地上に一条の光が射してるヤツのことです。

ツイッターでお題を募って連作


今日ツイッターで、
詠み込み必須のお題を募集したら、
合計13のお題が集まりました。
そのお題を並べて眺めてたら、
ふと
これは連作になるなって思って、
こんな感じになりました。
後でもう一つお題を貰ったので、
合計14首の連作。

「ぼくらのらはラッパのら(ではなかったみたい)」

濃い霧がぼくらの町を消してゆく晴れたら何がのこるだろうか
                   『霧』塾カレーさんより

ラッシーと呼べばとうとう尾を振って駆け寄るようになったあの犬
                   『ラッシー』えんどうけいこさんより

違うわねえ確かにねえとねえさんはライチの蜂蜜スプーンなめて
                   『ライチの蜂蜜』小川けいとさんより

ガラス越しのメキシコサラマンダーをつつく無数のぼくらのひかる指先
                   『メキシコ』雀來豆さんより

橋の下で拾ったかばん 漂着物と名付けてだれも遠巻きにいる
                   『着物』ナタカさんより

ランドセルの金具が壊れてしまらないがちゃがちゃうるさい二学期だった
                   『しま』桔梗さんより

滑りやすいイチョウの落ち葉のところだけしずかに歩くじぶんのために
                   『落ち葉』終栗夢さんより

いいか、絶対さなぎをほぐしちゃいけないと言うにいさんの真剣な顔
                   『さなぎ』nu_koさんより

犯人(ほし)は多分おんなですぜと公園に点々とあるハイヒールの穴
                   『ハイヒール』かっちゃんさんより

よく締まるロープの結び方だけは忘れてないか時々ためす
                   『締まる』さとうひさんより

絆創膏はがした後もしばらくはうっかり立ててしまう中指
                   『中指』月丘ナイルさんより

「屋台ぶね」と言われてぼくらはうっとりと夢の小舟を浮かべたりする
                   『屋台ぶね』衣未さんより

鴨にエサをやらないでくださいぼくたちが必ずパンを持ってくるので
                   『鴨』宮嶋“Z”いつくさんより

まだお前タラコなんて食べてるのかよと明太子経験者が笑う
                   『タラコ』雨宮司さんより

過去の短歌(なんたる星大賞に投稿したやつ)


2015年の夏の、
なんたる星さんのなんたる星大賞に
出した連作です。

これは初めてわたしが賞と名の付くものに投稿した作品。
五首ではありますが、
連作を編む!という意識で連作を編んだのは
多分これが初めてだったはず。


「星だったはずだった」 しま・しましま
よっちゃんを違うあだ名で呼んでいたヨシフミくんが来てからずっと
星だったやっと掴んだはずだったプールの底の消毒錠剤
じゃんけんで負けて泣き出すよっちゃんの頭の傷だけ白かったこと
じゃあ死にたてに触ったことはあるの と聞かれるままにうんと答える
時々はわたしの中の少年が「こんにちはあ」のあを裏返す


最終選考まで残って、
なんたる星8月増刊号に掲載してもらって、
なんか色々と
思い出深い連作になりました。

過去の短歌(うたの日題詠派生の連作ふたつ)


わたしはあまり、どこかに出すための連作って
作ったことがなくて、
うーん、
多分、一番最近だと千原こはぎさんの「おいしい短歌」、
あと、同じくこはぎさんのネプリ「獅子座同盟4」
それと、なんたる星大賞と第二回ぺんぎんぱんつ賞に
チャレンジしたくらいですね。

で、遊びではちょこちょこ作ってて、
その中に、
うたの日の題詠から、
勢いあまって連作に仕立てちゃった、
というものがいくつかあります。
というか
過去、このサイトに掲載した連作のうち、
50音童話短歌
以外は、みんなそうかも。

「無題」
アーヴィングの海に漂う剥製のいぬの名前はソロー(悲しみ)という
(悲しみが沈むことなく漂うの、それって水より軽いからなの?)
たくさんのスプートニクに乗ってったそれより多くの犬たち(いぬたち)
(マイライフ・アズ・ア・ドッグってあったよね、イズ・ア・ドッグって思ってたけど)
クドリャフカ、バルス、リシチカ、プチョールカ、ムーシュカ今はいない名を呼ぶ
(時々は空を見上げていいんじゃない?開いた窓の前に立ってさ)
ライカ犬という呼び名でぼくたちは宇宙に漂うソローを思う

「月とりんご」
もう少しでザムザ氏を穿つところだったと窓辺のりんごがつぶやく月夜
青白い月の光のなかでさえほのかにりんごは赤さを増した
「それ以来わたしはザムザ氏を見ない」だから…とりんごが見上げる月だ
窓ガラス夜風が打てばカーテンのかすかに立てるカサという 音
「さあて、ねえ。わたしが知りうるザムザ氏は毒虫であるザムザ氏だけだ」
毒虫?いいえウンゲツィーファー(生け贄にできないほど汚れた動物或いは虫)
毒を持つ身はどちらだろうとりんごは笑う「なにしろわたしはりんごなのだし」
もう月がこんなに淡いぶるるるん身震いをして夜を払おう
朝になれば夜中眠っていたものが目覚める だけど昨日のままで?

50音童話短歌(ら~ん)


50音童話短歌


【ら】
「ラブ&ピース!」ハートの女王の法廷はかく開かれてゆく

【り】
リスボンは知らない国の首都だけどピッピがわたしに教えてくれた

【る】
るす番は七匹いても淋しくて ねえおかあさんかえってきてね

【れ】
練習でいちども成功しないなんてちいさなスニフはげろをはきそう

【ろ】
六月のこまかな雨に降り込まれ百エーカーの森のにぎわい


上から順に
不思議の国のアリス
長くつ下のピッピ
七匹のこやぎ
ムーミン
くまのプーさん
でした。


【わ】
わたしたちレタス畑のベンジャミンとピーターみたいに眠ってしまう

【を】
をを、を、を、を、をを トランプたちは散らばってバラを塗るのに一生懸命

【ん】
ンドゥールのうたう Ob-La-Di Ob-La-Da にふと重なって Bibbidi-Bobbidi-Boo


上から順に
ピーターラビットのおはなし
不思議の国のアリス
シンデレラ(ディズニーアニメバージョン)
でした。

というわけで、
50音童話短歌おしまいです。
最後の「を」と「ん」、
無理矢理感がひどいですね。
不思議な国のアリスとナルニア国物語、ピーターラビットが多いですが、
それはもともと、
それぞれプチ連作にして遊んでいたから。
一作一首しばりにしても良かったかなぁと
思いつつも、
それぞれ自分で好きなうたを
一首に絞れないところがあるんですよね。

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ