プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

翻訳小説短歌(連作)その2


「モンマルトル・オルシャン通り七五番地の2」

-・・・・-・---・・・・-・--
人生がふいにどこかで区切られるそれまでの壁それからの壁
・・・・・・-・・・-・・---

誰であれ甲状腺狭窄壁の螺旋状硬化症、それは夢の病名
ささやかな心変わりを変身と呼べばオオカミ男の遠吠え
抜け出して行きたいどこかを得るというそれはたしかに恋うということ
慰みのうたが聞こえてくる 眠れオオカミ男もその恋人も
さみどりのモンマルトルに今もなお男は壁を抜けきれぬという

マルセル・エイメ「壁抜け男」
スポンサーサイト

翻訳小説短歌(連作)その1


「熊」

おとぎ話に熊は不可欠おとぎ話のような人生ならばなおさら
ステイト・オ・メイン サイドカー付きのオートバイ付きの黒い熊
それもまた夢の足しにはなっただろう わずかばかりの哀しい芸も
全て持って行くのは無理でぼくたちはきっと最初に熊を手放す
あるいは撫でていた熊がソロー(悲しみ)にすり替えられると分る
「熊をやったぞ」「熊を一頭やったぞ」かくて熊と共に序章の終り
お別れはいつも後から知らされてキャンディストアのべとべとの床
お嬢さんがらららでうたを歌うとき低く流れる熊のハミング
優しいだけじゃ生きていけないバッターボックス遠く離れて振り抜くバット
あの熊もあれから森を出たろうか、輝く真珠のピアス探しに
人生はおとぎ話というのならおとぎ話に熊は不可欠


ジョン・アーヴィング「ホテル・ニューハンプシャー」

最近こそっとやってることについてぼんやりと

今ひそかに(?)やってる短歌の遊びがあるんですけども、
もしかしたら、
なんとなく分ってる人もいるのかなぁ
と思ってる人もいるのかな。
どうなんでしょうか。
とりあえず、今月いっぱい。
あと4日でこの遊びも終わります。

どういう遊びだったのかは、
31日の夜か、6月に入ってから、
またこのブログに書こうと思ってます。
あ、
失敗したらどうしよう。
まあブログには失敗だとしても
その経緯と結果を書きます。

その詳細を全く言わずに雑感だけ先にいうのも
どうなんだろうと思いつつ書いちゃいますが、
なかなかスリリングではあります。
ただねー
質はっていうと、どうなんだろうなぁって感じ。
まず詠みたい情景みたいなものがあって、
そこから出発しちゃうことで
なんとなく上滑りになっちゃってるような……。
出発点はあるんだけど、
ゴールがいまひとつはっきり見えてないからかなぁ。
それとも、ちょっと自分の短歌的に無理がある設定を
進めてるせいなのかも。

五月中に詠んだ短歌のこと


毎日投稿してたうたの日をお休みしてて、
これは短歌から離れちゃうなー
って感じだったんですが、
意外に詠み続けてるな、って印象。

とりあえずメモ帳の中の作品ではなくて、
何かしら発表したものを数えてみると

結社への月詠が10首(これは投稿しただけの段階ですが)
ツイッターでお題を募集して詠んだのが15首
題詠ったーの題を利用して詠んだのが昨日までで34首

あと、【翻訳小説短歌】として詠んだものが
昨日までで13首で
まだこれは未発表扱いではありますが、
ネプリ用に詠んだものが10首
あと、なんかプラスアルファ

あれ?普段よりも逆に多い?

来月は、出来れば題詠ではないものを多めに
なんとか詠めたらなって思ってます。
そのためにはやっぱり
詠みたいもの
っていうものを溜めていかないとなぁ。

落選10/40/150首


未来短歌会の「未来」誌に投稿して
掲載されなかった、
つまり選で落とされた短歌が40首になりました。
これはなかなかすごい数じゃないかな。
15回、毎月10首送って、150首。
その中で掲載されたものが110首の、
されなかったものが40首。
未だにそのボーダーがどこにあるのか、
わかっていないわたしですが、
とりあえず自省を促す意味を込めて、
そこから10首ほど引いてみたいと思います。



春の地面はふんわりやわらか転んでも痛くはないよ ひざももさくら

やわらかに匂うニベアよ俯いたともだち連れたともだちの母

ヨーグルトにしずかにホエーはたちこめてわかっていれば終りもおだやか

不安定に重ねる食器こんなにも何かに期待していたなんて

そうだ君はしつこく思い出されるけれどなまえを知らないあの曲みたい

鰯手開きすればこんなに親指へ肉より骨のあたたかいこと

レゴブロックあるだけ縦に繋いだらどこで折れても許されそうだ

心からよかったと思う君がまだシャボンの苦さ覚えているの

昼にみる月はいつでも欠けていてみんなで食べたケーキを思う

すすめられるままにチョコレートをかじる 苺、ですねと口には出さず

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ