プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

自由律俳句と定型俳句(まとまらないまんま)


昨日の深夜、ネットで
自由律俳句と定型俳句の人の話を読んで、
ふうーんとその後色々考えさせられました。
定型俳句の人、
あるいは俳句をしない人もそうかも知れないけど、
いわゆる自由律俳句、
575の定型と季語という、
少なくとも現在の俳句を定義する上で必要不可欠とされる
この二つの大原則を手放した自由律俳句、
これを「俳句」と言っていいのか、
ツイッター上の呟きとはどう違う?
詩として認めるとしても、
「俳句」というカテゴリーにこだわる意味は?
一行詩、でいいじゃない
みたいな、ね
そういう疑問を持つことと、
いや、自由律俳句も俳句の一つなんだ
っていう意見ね。
(と、思って元の話を読んだんですが、
微妙に違ってたらごめんなさい)

わたしは
俳句を俳句たらしめている要素って
もちろん定型と季語というお約束もありますが、
それ以上に「切れ」と「我」だと思ってます。
前者二つだけなら、
それって川柳とどう違うの?
って話に突入しちゃうと思うんですよ。
あとは、
何を自分が今詠んでるのかっていう意識ね。
自分が詠んでるのは「俳句」
自分が詠んでるのは「川柳」
自分が今ツイートしたのは「俳句」
自分が今ツイートしたのは「つぶやき」
そういう意識。
そんなかにも上手いとか下手はもちろんあるけど、
俳句とは認められないとか
そういう批判はおこがましいんじゃないかなって思ってます。

ところで、そもそも話になるんですが、
いわゆる「近代俳句」と
自由律俳句の芽だった「新傾向俳句」、
考えてみれば大した時間的な差はないんじゃないかなぁ
って思うんですがどうでしょう。
勿論連歌からの発句の独立、江戸俳諧とか
そういうものを含めちゃうと、
けっこう歴史の差はありますが、
正岡子規の始めた俳句革新からを近代俳句とすると、
うーん、日清戦争直前ぐらい?
明治26、27年ぐらいですかね。
で、
河東碧梧桐が「新傾向俳句」という
新しい俳句の方向性に走り始めたのが、
明治40年前後ってとこでしょうか。
ちなみに、
「伝統俳句協会」
って団体がありまして、
これは高浜虚子から連なる俳句結社「ホトトギス」と、
その子、孫結社などから作られてる、
とわたしは認識してるとこなんですが、
伝統ですよ。伝統。
でも
高浜虚子が本腰入れて「ホトトギス」で俳句を指導し始めたのって、
碧梧桐が新傾向俳句に入れ込んで、
(一時ではありますが)俳壇がすっかり新傾向俳句に傾いた後なんですよね。
まあ、まだその頃は
自由律とか無季を掲げてやってたわけではないんですけれども。
碧梧桐の門下だった荻原井泉水が、
無季をゲットしたのが大正の初めぐらい。
自由律の親とも言える新傾向俳句のあととも言えるんじゃね?
みたいな気持になったりします。
まーこれは
突っ込まれればボロが出て来る
適当な言いがかりみたいな話ではありますが、
自由律俳句は
はぐれものが歴史の途中で横道に逸れて、
それでも「俳句」っていう看板を使ってる
みたいな話ではないんじゃないか
ってことがいいたかったわけです。
新しい俳句を模索してた、
まだ俳諧が俳句となって日の浅い頃、
すでに、のちに自由律俳句へと続く道が分かれてた
だから、今更、それ俳句って言っていいのか
って言うのも何様だよって気がしないでもないです。

なんかまとまりのない文でしたが、
まとまりないついでに
もうちょびっと。
河東碧梧桐が始めた新傾向俳句についてですが、
これは(わたしの思うところではありますけども)
同じ頃文学界で興った自然主義の影響が多分にあって、
これって超客観の姿勢で物事を把握しよう
みたいな感じだったのが、
次第に矮小化してって、
最後には私小説になって終っちゃった、
みたいなやつですよね。
碧梧桐も、超客観で考えると、
定型に当てはめるとか、
一句の中にひとつの強いイメージを盛り込むっていうのは、
それは作為になっちゃう、
みたいな、
たしかそんなことを言っていたと思います。

ツイッターで遊んだものその3


ツイッターでお題を募集して詠みました。
今回は題の音数制限なしで、
自身も短歌に詠んだ事がある言葉、とさせてもらいました。
基本的にはお題のフレーズ詠み込みで全部やりたかったんですが、
いくつかはテーマ詠になってしまったこと、
ちょっと残念でしたが、
やっぱり思いがけない言葉が飛び出してきて楽しかったですね。

「路線図」
地図を這うバスの路線図きみんちをみんなが忘れたわけじゃないけど
まず一つ目のこの「路線図」でいきなりうーんと唸らされてしまいました。
わたしの生活圏内に無いわけじゃないけど、電車とかバスとかめったに使わないので。

「助手席」
助手席のシートベルトになりたいよ君はいつでも飛び立った後
「助手席」ってもうすでに何か固定イメージが付きまとう言葉だなぁ
って、詠みかけて気がつきました。

「蝋燭」
捨て方は単純でいい 蝋燭はどこでも燃えるゴミになります
「蝋燭」、ろうそくも意外に苦戦しました。
ろうそく自体はなんどか詠んでるはずなんですが。

「キューバリブレ」
ライムジュース絞る手つきのあやうさにキューバ・リブレの傾いてゆく
このお題は自分の中からは多分ぜったいに出て来ないだろうなぁ
って思って楽しく詠みました。

「ディズニー」
ディズニーのダンボの色を水色と言ったあなたの明るい憂い
「ディズニー」めっちゃ悩みました。めちゃ難しかったですね。
TDRにも行った事がないし、どうしようってなりました。

「桃」
あんなにもやさしく触れたはずだった指の形に傷む白桃
「桃」は俳句でも短歌でも好きなモチーフ。
桃、いいですよね。桃。

「日本海」
日が射せば明るい筈だふるさとに貼り付いているこの海だって
このお題は色々考えたんですが、
テーマ詠になりました。
いやー、「日本海」って言葉入れるととたんに演歌チックに思えちゃうんですよね。

「鬼」
鬼が島が見えたあたりで桃太郎も大きな焚火を囲んだはずだ
最終決戦前夜、みんなで焚火を囲んで過去話とかしちゃう
みたいなイメージないですか?
ファイナルファンタジー10に毒されてます?

「フェールラーベンカンケンバッグ」
空っぽを背負ってあるくフェールラーベンカンケンバッグと知らない町を
「フェールラーベン」っていうブランドの「カンケンバッグ」。
北欧の小学生が通学かばんとして使ってるリュックらしいですね。

「酢酸カーミン」
握り込んで誰にも見られていないはず酢酸カーミンで染めた指先
はて……って一瞬思ったんですが、
「さくさんかーみん」って口に出してみたら遠い記憶がうっすら甦ってきました。

「横取る」
犬のえさ横取りしてくカラスらの戦うためには出来てない爪
「横取る」と「横取り」は微妙に違うんではないか……と、思いつつ、
「横取る」でうまく言葉を紡ぐ事が出来ませんでした。うーん。

「プラネタリウム」
ナレーションオフして欲しいぼくたちがそれぞれの星で眠れるように
これもテーマ詠。
プラネタリウムはいいですよね。たまに行きたくなる施設です。

「毒」
毒殺は女の仕事 毎日が未遂であるという可能性
ちょっとだけブラック仕様にしました。

「遠雷」
つばひろの帽子が隠す眉のかたち 遠雷 ぼくは笑っていいの?
「遠雷」、このお題は「ディズニー」とツートップの難しさでした。
俳句では使いやすいんですけどね。
そもそもすでに「遠雷」に色々なものが詰ってて、
何を付け足しても蛇足っぽく思えてしまって
どう組み込めばいいんだろうってなっちゃいました。

「パイプ椅子」
パイプ椅子のぬるき座面に鼻白みつつゆるやかな群れに混じりぬ
今回詠んだ中で、けっこう自分で気に入ったうたになりました。
うっすら居心地悪い感じを
ぬめっとしたリズムで詠めたかなぁって。

あと100首ぐらいで2000首突破するらしいということ

ツイッターでもちらっとつぶやきましたが、
既発表作(ツイッター含)だけで、
あと100首ぐらいで2000首に到達するんだなって
なんとなくそれは感慨深いものがあるなぁって思いました。

わたしは俳句を結構長くやってて、
正直、俳句はたぶんこのまま頭打ち状態のまま終るんだろうな
って予感を持ってて、
なんか新しいことしたいなって思って、
そこから短歌の世界に飛び込んだわけです。
あ、もちろん俳句を捨てて、ではないですが。
最初は自分の軸は俳句にあって、
短歌は本気の遊び、って思ってたんですが、
うたの日っていう毎日開催のネット歌会に出会って、
それこそ毎日短歌を最低一首は詠むわけで、
そうなると、一ヶ月に十五句ぐらいしか詠まない俳句と比べても、
ほぼ倍なわけです。
うたの日は題詠なので、
題詠じゃないのも詠みたくなると、
それでまた俳句の三倍ぐらいにまでなっちゃう、と。
そうすると、主従逆転といいますか、
どっちがメインなんだろうなって思ったりするんですよね。
去年から短歌結社にも入って、
俳句結社と二足の草鞋状態ですし、
余計にね。

短歌の面白さって、
人それぞれ、短歌の捉え方の違いなんかもあるし、
ほんとに人それぞれなんだと思うけど、
わたしは自由に遊べるところが気に入ってます。
57577の定型って枠組みはありますが、
まあそのぐらいですよね。
文語で詠んでもいい、口語で詠んでもいい、
作中主体が自分自身でなくてもいい、
(これについては、わたし自身はわたしを詠むことが多いですが)
表記も、新かなでも旧かなでも、
アルファベットやその他の言語、記号を使ってもいい、
一首で成立させてもいいし、
複数首で完成させてもいいって
これはもうなんでもありやなぁって思うと、
嬉しくなっちゃいますね。
うたの日で今わたしは、
とりあえず4月いっぱいは文語旧仮名遣いでやってみよう
ってチャレンジをしてます。
口語短歌を見て、短歌を始めたので、
わたしがふつうに詠むときは完全に口語なんですが、
文語が出来ないから口語、
っていうのが嫌なんですよ。
文語と口語、どちらも詠んでみて、
今はやっぱりこっちがいいなって選んだ、
と自分で思える程度には文語もやっておきたい、
そんな感じです。
旧仮名なのは、これは文語は旧仮名でという
わたしのこだわりみたいなものですね。
今、わたしたちが普段使うのは新仮名なんだから、
新仮名の方がナチュラルじゃない?
っていう考え方もあるんだろうと思うんですが、
数はほんとに少ないはずではありますが、
「出る」の文語「いず」を「出ず」と表記していいのか?
みたいな気持もあって、
文語には旧仮名、というのはわたしのこだわり。
っていうか、
今更、言文一致とか?
みたいな気持もあります。
前述したみたいに、今短歌では何でも使えるのに、
あえて普段使いの新仮名しか使わないとか
別にそこまで自分で狭める必要あるのかなぁ
とか考えたりします。
ただね、一首、あるいは一連の短歌の中で、
旧仮名遣いと新仮名遣いが混じるのは、
これは基本なしって思います。
これはね、校正する人が困るからです。

と、だらだらと書いてきましたが、
わたしが書きたかったことは、
もうすぐ2000首!やっぱり短歌面白いなってことでした。

ゾンビ連作

しばらく前に、テレビドラマの「ウォーキングデッド」にドハマリして、
その興奮のまま、ゾンビ連作編みたい!
と、だだっと20首連作を作りました。
誰かこれを読んで忌憚のない感想をお願いしますってお願いしたら、
三人の方が手をあげてくださって、
そこからまた少しだけ手を加えたのがこの連作になりました。
その後で一度ツイッターに上げてみたんですが、
イマイチ反応もうすかったんで
あんまり興味を引かなかったんだなぁってこっそり取り下げてたんですが、
喉もと過ぎればなんとかってやつでこんどはこっちに。


「ね、このトイレまだ水流れるよってそんなことも小さくはない幸せになる」
しま・しましま

死んだら人はみんなゾンビになるというながいながい夢のようなドラマ
を、見てた俺に死角はなかったといったあなたがまず死ぬリアル
音漏れのイヤフォン 静かに暮らすって最初の準備が大切なのね
生前は近視だったというひとの今はどれだけ見えてるだろう
左手を落しましたよお嬢さん、なんて窓から呟いてみる
おもかげは余りないけどあのひとがわたしの好きな人だったひと
頑張りすぎるところがあったね今もそうフェンスに何度もぶつかっていく
正午からしずかに雨が降りはじめ小道でゆれる死人を濡らす
倍速で朽ちていくんだ肉体も、ゆっくり育ってきたこの町も
群のなかの順位のつかない場所にいてこうもり傘にもたれて眠る
R-15 R-15と呟いて慣れてしまえばかれらは脆い
重そうに日めくりがぶらさがっている二月五日を血でそめたまま
どんな未来があるとしたって絶対に夏場のゾンビタウンは匂う
山茶花があかく地面を染めているここも誰かのたたかいの跡
かたまってゆっくり歩く わたしたちもゾンビもそれは同じに見える
蟻たちが胴上げみたいに運んでく死んだ蝶、死んだ蝿、死んだ蟻
もう誰もやけどを怖がったりしない だから(だけど)大きな火を焚く
人だったものの頭がころがって地球は丸いしわたしは生きる
意外にもわたしが生きていることもあなたは笑ってくれないだろう
でも信じられる?終わってく世界で親知らずなんか生えてきている

うたの日(3月9日「恐竜」)


3月8日のうたの日は「ぐちゃぐちゃ」「掛」「軍」「罫線」でした。
わたしは「罫線」で出したんですが、
投票は出来なかったので、
自作だけ
「罫線」
細すぎるキャンパスノートの罫線じゃ支えきれない春昼の文字(しま・しましま)

3月9日のうたの日は「ノック」「個」「恐竜」「なし」でした。

「恐竜」
塩化ビニールラバーアンバーいつまでも恐竜たちを樹脂に固めて(しま・しましま)
樹脂と恐竜って相性いいなって思って詠んだうた。
塩ビとかラバーは形を模したおもちゃ、
アンバー(琥珀)はDNAが閉じ込められている可能性、
どれも本物の恐竜そのものではないけども。

ハートを入れたうた。
WPPさんの
恐竜を時代遅れと言うきみに語りたいカンブリア紀の愛
「恐竜を時代遅れと言う」って
めちゃ面白いなって思って、
もうそれだけでハート入れてもいい
って思っちゃいました。
それはもう、たしかに恐竜は時代遅れです。
恐ろしく時代遅れ。
もしかしたらこのうたの中の「きみ」は、
流行のアイテムとしての「恐竜」が時代遅れって
そう言ってるのかも知れません。
振り返ってみると、
たしかにちょいちょい恐竜ブームは来てました。
古いところだとヴィクトリア時代。
コナン・ドイルの「失われた世界」の時代です。
わたしの好きな児童文学に
女性の化石発掘家メアリー・アニングの少女時代を描いた
「海辺のたから」
って本がありますが、
これもそういえばその時代。
彼女は12歳でプレシオサウルス、イクチオサウルスの化石を発掘して
世界的に有名になった人なんですが、
その化石も、ドイルによる恐竜ブームが後押ししてくれたから
商売として成り立ったんでしょうね。
そして、その後もちょいちょいブームが来てるはずですが、
やっぱり新しいところだと
映画「ジュラシック・パーク」からの90年代恐竜ブーム。
この映画ももとを辿るとコナン・ドイルに行き着くわけですが。
まあとにかく、
この「きみ」は、
この90年代の恐竜ブームを念頭においての
「恐竜を時代遅れと言う」
なんだと思います。
さらにこのうたが面白いのは、
そこで恐竜のいた時代の愛を語るんじゃなくて、
それよりも、もっともっと古い時代の愛を語りだすところ。
「カンブリア紀の愛」ですよ。
まだやっとこ原始的な生物から進化したばかり
(っていっても恐ろしく長い年月があるんですが)
昆虫とか軟体動物とか節足動物とか、
爬虫類とか出てきてますかね、まあそんな感じ。
その頃に比べれば確かに恐竜の時代は新しい。
主体の古代愛が爆発してる感じがたのしいうたでした。

音符を入れたうた。
森下裕隆さんの
白亜紀の終わり少年期の終わり 滅びたものは愛しやすいね
このうたの下の句
「滅びたものは愛しやすいね」
には、わたし個人としてはあまり共感できなかったんですが、
そういう感覚もあるのかなって思います。
面白いなぁって思ったのは、
「白亜紀の終わり」と「少年期の終わり」を
同列に並べてあるところ。
「白亜紀の終わり」っていうと、
恐竜の時代の終わりですよね。
この大きな時代の区切りと、
「少年期の終わり」という、
傍目にはどこにその区切りがあるのか分からない、
超個人的な感覚の、
だけど超個人的にはとても大きな意味のある区切りを並べる
マクロとミクロ(というのは大袈裟かな)な感じ。

わらびさんの
同志だと信じてたのにティラノにも毛があったとか 隕石落ちろ
ティラノサウルスが実は羽毛ふわふわだったかも!
みたいな画像が出て、
みんなびっくりしたのはもうおととしぐらいの話ですが、
あれはホント衝撃的でしたよね。
キングオブ爬虫類みたいな姿で定着してたのが
根底からひっくり返されたみたいな。
いや、あれはあれでかっこよくて、
あれがティラノサウルスの真実の姿決定版!
というわけではないはずですが、
まだ何も恐竜については知らないことだらけなんだって
思い知らされたような感じでもありました。
そういえば、
他にも、同様にティラノサウルス羽毛ショックのうたを
詠まれてる方が複数ありましたね。
さて、このうたでは、
ティラノサウルスに羽毛が生えていた(かも)
というニュースを
受け止め切れないらしい主体。
「同志だと信じてたのに」
裏切られた感まんまんなところを見ると、
特に頭髪関係の親近感があったんでしょうか。
そういえば、
あの羽毛ティラノサウルスの画像、頭部ふっさふさでしたね。
で、このうたで一番面白かったのが、
結句の「隕石落ちろ」
っていう呪いの言葉。
いまさら!
っていうところがめちゃツボでした。

椋鳥さんの
本当のあなたがどんな姿でも好きでいるからティラノサウルス
このうたも、
前述したティラノサウルス羽毛ショックからの一首
と思います。
っていうか、ティラノサウルスの想像図って
どんどん変化してって、
もうこんなのわたしのティラノじゃない!
80c31225eadb3f9b9399a9f80560753acf8309141442149213.jpg
ってなってたりしますが、
このうたの主体は
「本当のあなたがどんな姿でも好きでいるから」
と、とてもけなげ。
恋する乙女のようなけなげさがいいなって思いました。

たかはしみさおささんの
風呂場から恐竜たちが飛びだしてゆく 足あとが成長してる
これはかわいい恐竜。
もう幼稚園なのに、もう小学生なのに、
まだ全然行動が幼いなって思う子供たち。
今もまた、風呂場からびしょびしょのはだかのままで
大騒ぎしながら飛び出していく。
(ここから妄想)
あーもう!
とか思って、
ちゃんと体を拭きなさい!パジャマ着なさい!
ホントに言わないとしないんだから、
いや、してやらないとダメなの?まだ?
みたいなことを思いながら
びしょびしょの床を拭いていて、
ふと、
床に付いた子供たちの足跡を見ると、
なんだ、もう随分大きくなってるじゃない……
って。
そういう情景を想像して、
ちびっこ恐竜さんたちのかわいらしさはもちろんのこと、
親としての心情にもほんわかしました。

のびさんの
カミナリを聞いた我が子が立ち上がり恐竜の声聞こえたと言う
それこそ恐竜ブームが現在来ているお子さんかな。
カミナリの大きな音を聞いて、
ハッ!がたんっ
「恐竜の声だ!」
ってなったんでしょうか。
めちゃかわいくてステキな連想だなって思いました。
うたの日にもコメントしたんですが、
うたには時間的なことが詠まれてないんですが、
夜の出来事って思いました。
夜って何かいろんなものを神秘的に思わせる
そんな気がします。
実はこのうたを見たとき、
レイ・ブラッドベリの短編「霧笛」をすぐに思い出しました。
毎年毎年、ある灯台の霧笛を仲間の声と思って、
遠くから一匹の恐竜がやってくる、
という話。
カミナリと恐竜の声は多分全然違うもので、
普段はお子さんもカミナリ=恐竜の声とは思わないんだろうけど、
夜の神秘性が、聞きたい音に聞かせてしまうのかも
とか思って、何かほろりとさせるうたでした。

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ